ヘアカラーをするとどうなるのか

始めてヘアカラーをオーダーするお客さんは、当たり前のように「カラーをしたい」と美容師に伝えるのだと思います。美容師の方も早速どんな色にしたいか、という事をカウンセリングで打ち合わせを始める事でしょう。ですが本当はお客さんの方もきちんと「ヘアカラーをは何をどうする事で、どんな種類があるのか」という事を知っておくことが大切だと思うんですね。髪の毛に何かを施す、という事は自分の体の一部に何かをする、という事と同じです。髪の毛は痛みを感じない部分なので意識が薄れているかもしれませんが、髪の毛も大切な体の一部なんですね。施す内容によってはかなり傷つけてしまう事もあるんですね。医者にかかる時に「自分がどの様な治療を受けるのか」という事はだれもが気になる所でしょう。それと同じ意識で「自分の髪の毛に対して何をどのようにされて、どの様な影響があるのか」という事はきちんと把握しておきたいものです。たとえば同じカラーリングをするにも一般的に「ブリーチ」と呼ばれている工程を行うかどうか、という事は髪の毛に対しての影響はかなり違います。ではブリーチとはどのような事なのか、どんなメリット・デメリットがあるのか、そこまで理解した上でブリーチを行う人が案外少ないのではないでしょうか。「この色にしたい」と言った時にそのためにブリーチが必要かどうかを本当は確認したいところです。一般的に髪色を変える事を「ヘアカラー」と呼んでいます。現代ではヘアカラーをする人がかなり増えていて、誰もが一度は髪色を変える経験をするのではないでしょうか。それだけにヘアカラーをする事に対するハードルはかなり低くなっていて、誰もが安易にヘアカラーを美容室でオーダーするようになっていると思います。ですが実際にはヘアカラーを施す事は、自分が本来持って生まれた髪色を変えてしまう事で、ある意味「無理矢理」なんですね。人の身体にとって不自然な事をするわけで、決して体に良い事ばかりではない、という見解が置き去りにされている様な気がします。ヘアカラーを安易にする事、そして美容室側も安易にお客さんのオーダーを受け入れてしまう事で、その後のダメージに苦しむ人は後を絶たない事でしょう。ですがそのダメージケアのオーダーも美容室にとっては儲けとなります。本来はお客さんの髪の毛の健康を考えるべき美容室ですが、経営の立場から言えばカラーリング後にセットのようにリタッチやトリートメントといったオーダーが入ることは喜ばしい事となってしまっています。美容室を責める訳にもいかない、という感じですね。そうなってくるとお客さんの方がヘアカラーについて正しい知識を持ち、自分自身で自分の髪の毛の健康を守ることを考える事が必要になってくるでしょう。横浜 スタイリスト 求人 ヘアサロン