美容師だから理解してくれる、という思い込み

皆さんが美容室に行った時に結果的にその美容室には満足できなかった、と言う事があると思うのですが、その大きな理由は「思った様なスタイルにならなかった」と言う事だと思うんですよね。でもそれは100%美容室側に責任がある、という事でもないように思われます。美容室で自分のなりたいスタイルを伝える時の方法とか美容師との意思の疎通と言うのは十人十色で、物凄く完璧に説明したつもりでも解ってもらえない事も有れば、そんなに説明していないのに良く解ってくれるな、と感服してしまう美容師さんもいますよね。説明するお客さんも色々いれば、受け止める美容師さんも色々なんですよね。ですがよほど信頼関係が出来ている美容師さんとお客さんでない限りは、どうやってもその伝え方・伝わり方には何らかの問題が生じるものです。ですから「美容師なんだから解ってくれるはず」という考えかたをするのではなくて、私達も美容師に伝える努力、をしなくてはいけないな、と思います。どの様に伝えれば美容師に自分の想いを伝える事が出来るのか、という事は、簡単に言えば美容師の立場になって考えてみる必要があるのではないでしょうか。美容師と言う特別な立場の人に話しているのではなくて、大切な人と会話をしている時に、どうしても伝えたい気持ちをいかに伝えるか、という事と同じだと思うのです。アシスタントとは何ができるポジションなのか、とか、どこまでできる様になったらスタイリストに昇格できるのか、という基準は基本的にはその美容室の考え方によりるもののようです。ですからこの美容室ではまだアシスタント、と言われるポジションであるけれども、別の美容室であれば、それだけできればスタイリストとの呼ばれるポジションだ、というような事も時にはあるようです。ですからそういう時期に転職すると前の店ではスタイリストとして認められたけれども、こちらのお店ではまだアシスタント扱い、というような事も怒るようです。またアシスタントの中にもレベルがあって、階段を登る様に一段一段レベルアップしていくのが一般的な様です。ですから「アシスタントリーダー」と呼ばれるようなアシスタントのなかのまとめ役と言うポジションがあったり、「専属アシスタント」と呼ばれる、一人スタイリストの専属のアシスタントとして働くポジションもあるようです。憧れの先輩の専属になる事はアシスタントの中でも目標とするべきポジションとなるようですね。こうやって自分のスキルのレベルで自分のポジションが周囲にもはっきりしている厳しい環境がアシスタントの世界、と言えるようです。美容師のアシスタントは厳しく、辞めていく人が多い、と言われる理由もこの辺りにありそうですね。柏 美容院