本当にモテるのか

男性美容師がカッコいいとかイケメンとか、という噂は良く耳にするものです。実際にその男性美容師に会うのが目的で、その美容室に通っている、という女性も少なくはありません。ですがそれは美容師として素敵だから、と言う事であり、その美容師が実際に女性にもてるかどうか、という事は定かではありません。ですが実際に真剣に担当美容師の事を好きになって、何とかして個人的に連絡がとり合える仲になりたい、と思っているお客さんもいるようです。ですがそう思われるのはありがたい事ですが、そこからそのお客さんに対して男性美容師がどう接するか、という事はとても難しい問題があります。取りあえずはお客さんと特別な仲になる事は、美容室的にはNGな場合が多いと言われていますから、お客さんにどんなにアピールされても、軽々しく連絡を取り合う仲になる事は、あり得合ないのが普通でしょう。つまり男性美容師と言うのは、女性にとっては恋愛対象ではあるけれども、その思いを成就させるには、アピールの仕方を良く考えなくては相手の迷惑になりますし、最悪な場合にはその美容室に通う事が難しくなってくるようなケースに発展してしまうかもしれませんね。そう考えると、本気で恋愛感情を持ってしまった場合でなければ、定期的に逢えることを楽しみにしている憧れの存在、で終わってしまうケースの方が多いかもしれませんね。お客さんと美容師の会話の中で一番大切な部分と言うのはカウンセリング時の会話だと思います。その時にいかにお客さんと気持ち良く会話が出来るか、という事は其のスタイルの仕上がり具合やお客さんの満足度にも影響する事と思います。ですが実際にカウンセリングをしている間よりも、施術中の会話にかける時間の方がはるかに長いんですね。もうカウンセリングの話は終わったので、美容師の立場からしての会話ばかりをするわけにはいきません。おそらくそういう一般的な会話の方が苦手、という美容師も多いのではないでしょうか。元々美容師と言うのは技術職であって、サービス業とか接客業ではないのですから、まずは技術アッテの美容師です。ですが最近の美容師はお店の方針も有り、お客さんと気持ちの良い会話ができなければそれは技術が無いのと同じぐらい残念である、とみなされてしまう事が多いですよね。そこで美容師の皆さんはお客さ難とどうすれば楽しい会話が出来るのか、という事に頭を悩ませることになります。そして案外元から人としゃべるのが好きなのだ、という美容師は、確かに自分自身は会話に悩まされる事は無いですが、知らず知らずのうちに自分ばかりがしゃべってしまってお客さんに不快な思いをさせている事もあるようでうす。会話とは本当に難しいものですね。用賀の美容室