情報に惑わされないシャンプー選び

どんな業界でも同じかもしれませんがシャンプーなどのヘアケア製品でも、各メーカーが如何に販売するか、と戦略を練っています。その一つが情報合戦です。あれが良い、これが悪い、という情報を流す事で消費者の心を左右させている訳でです。ですからそれらの情報と言うのはそれが全くの嘘である、という事ではないのですが、言われているほどの事ではない、というケースも多々あるように思います。つまり私達消費者もその情報に一喜一憂する必要はない、という事なんですね。考えても見たら今日まで使っていたものが急に明日から体に悪いものになる、なんてことはあり得ない事です。「あの成分は良くありません!ぜひこちらを!」というようなCMを良く見聞きする様になったら「あ~新しいシャンプーが出たんだなあ」ぐらいの捉え方をしておけばよいのではないでしょうか。この事は美容室での専売品でも同じことです。やたらとしつこく製品を勧めてくる美容室と言うのは、その製品が本当に良いものだ、という自信があるというよりは、ディーラーさんからそれを売る事を勧められているケースの方が多い、と言っても良いかもしれません。まずはその美容師さんの言っている事が本当に正しいのか、本当に自分の髪の毛のためにこの製品を勧めてくれているのか、という事を見極める必要がありそうですね。お客さんと会話をしていると、特にカウンセリングの時には「それは無理だな」と思う事もあるようです。お客さんがいくら希望しても美容師のプロの目から見てそのスタイルにしない様が良い、とか髪質的にそのスタイルは難しい、と思う時もあるはずなんですね。その時の会話が上手くいかないとお客さんの方にしてみたら「美容師が自分が希望しているスタイルを作ってくれない」という気持ちになってしまいます。お客さんは髪の毛について素人であるケースが殆どで、髪質とスタイルの関係性などについては良く分かっていない場合が多いものです。ですから本来はプロである美容師の提案を素直に受け入れるべきなのですが、その時の美容師の言葉によっては、自分を否定されたような気持になってしまうお客さんもいるはずです。それはその時だけではなく、後々その美容室の評判に関わるような自体へと発展してしまうケースも無いとは限りません。ですからお客さんの言っている事に対して、否定的な立場をとらなくてはいけない場合の会話、というのは、とても慎重にならなくてはいけません。それも「こういう言い方が正しい」と言う正解はありませんよね。なぜなら相手のお客さんがどういう人であるか、という事によっても受け止め方が違う、と考えられるからです。美容室 求人