お客さんのファッションからイメージを膨らませる

美容師さん達はカットやパーマのテクニックという面においてもプロと言えますが、センスにおいてもプロです。ヘアスタイルを作る、と言うだけではなくてその人をどうやって魅力的に見せるか、という点においても長けているはずです。ですからお客さんもキレイになりたい、と思っているのであれば、その美容師さんのセンスを最大限に発揮してもらって、美容室を出る時には、トータルでとても素敵な外見になっていたいものですよね。ですから極端に言えば美容室へスウェットの上下のような服装で来店して、そこであれこれと素敵なヘアスタイルをオーダーしたとしても、美容師さんにはそのお客さんがスウェットの上下でも平気で外出できるような人のヘアスタイルしか思い浮かばないと思うんですね。結果的にもそのお客さんは部屋着のような服装をしているにもかかわらず、ヘアスタイルだけはばっちり決まっている、というアンバランスな状態で美容室を出ていくことになるでしょう。それは美容師さんの本意ではないはずです。美容師さんにより気持ち良く仕事をしてもらうには、「美容室を出る時に自分の作ったヘアスタイルでそのお客さんが最高に輝いている状態にしてあげたい」という美容師さんのプロ意識を大切にすることが必要でしょう。そのためにも美容室に行くときの服装って大切だと思われます。美容師さんからヘアスタイルを提案される時には、そのスタイルに納得できる時も有れば、「それはちょっと」と思う時も有りますよね。美容師さん達はどういう基準で持ってそのお客さんにそういう提案をしているのでしょうか。その基準や大切に思っている事、というのはその美容師によって違うようですが、多くの美容師がお客さんのヘアスタイルを提案する時に大切にしている事の一つに「その人が悩んでいる事や困っている事を解決できるヘアスタイル」だと言っているようです。もちろんその人を一目見た時に「こういう風にしてあげたい」という勘の様なものが美容師ならば働くと思われます。ですが実際にその人の髪毛を見た時に、そのヘアスタイルが似合うかどうか、という事とは別に「この人の髪の毛でこういう事うすると髪に良くない・手入れが大変になる」と言う事もプロには解るもののようです。ですから「こうした方がこの人のコンプレックスにしている部分を隠す事が出来る」とか「こうした方が日々の手入れが楽になる」と言う事を前提にしてその人に一番似合うスタイルを提案するようです。ですから美容師さんが提案してくれるヘアスタイルには、それなりに自分に対してメリットをもたらすヘアスタイルなんだ、という事と知識として持っておく事が大切になりますよね。高田馬場にある美容院