「おまませ」「適当」は大丈夫か

美容師さんのセンスに任せる、というオーダー方法も有りますが、その言い方ひとつでは、美容師さんにとってやる気が起こる場合とそうでない場合があるのではないでしょうか。「おまかせ」という言葉には二つのニュアンスがありますよね。「どうでもいいから任せるわ」と言う感じと「あなたを信頼しているからあなたのセンスに任せるわ」という感じですよね。当然前者の方に聞こえてしまったら美容師さんはちょっとやる気をなくしてしまうかもしれませんね。ですが後者の方であれば、自分のセンスを信頼してくれているんだ、と思えばやる気も出てくる事でしょう。ですが信頼できる、というのはその美容師さんとのそれまでの関係が良好であった場合ですよね。初めての美容師さんに対して「お任せ」というのはある意味その美容師を試している、というニュアンスにもなります。お任せ、という言葉を使うからには、美容師さんに対して失礼にならない様に、マイナスの意味に聞こえない様にする事が、仕上がりのヘアスタイルにも影響してくるのではないでしょうか。ましてや「適当に」という言葉はまさに「この人、ヘアスタイルに関して対して気を使ってないんじゃないの?」と思われてしまうでしょう。その結果本当に適当なスタイルにされてしまう危険性もあるかもしれませんよね。よくアシスタントってまだ美容師じゃないんだよね?と思っている人がいるかもしれませんが、アシスタンとはちゃんとした美容師です。ですが美容師としての経験がまだ浅く、実際にお客さんの髪の毛に施術を施すレベルに達していない美容師の事をアシスタント、と呼んでいるんですね。ですから免許を取得して美容室に就職が決まったら、まずはアシスタントと言うポジションになる訳です。そこからはその美容室が定めたレベルを一つ一つクリアしていく事でスタイリストへと近づいていくわけです。一般的に置かれている線引きとしては、お客さんにカットをする事を許されるかどうか、という所でまだアシスタントなのかスタイリストなのか、という区別がされる様ですね。ですからよく美容室のホームページなどでスタッフ紹介がされていますが、その時に「店長」「スタイリスト」「アシスタント」というような肩書がついていると思いますが、そこで「アシスタント」と付いている人は「美容師ではない」という認識になりがちですがそうではありません。「美容師ではあるけれどもカットは髪に関する提案や施術はまだできません」という事なんですね。大抵の美容室では主にスタイリストのフォローやお店全般の雑用、そして一番大きな仕事はシャンプーなんですよね。関内 ネイルサロン